育鵬社 IKUHOSHA Publishing Inc.

メインコンテンツ

育鵬社通信

本のご紹介

新刊本のご紹介
名著で読む世界史

名著で読む世界史

著者:渡部昇一
判型:文庫判並製208ページ
定価:本体640円+税
発行:育鵬社 発売:扶桑社
発売日:平成29年3月29日
ISBN:978-4-594-07696-2
■この書籍を購入する

お求めは全国書店、
または
以下のオンライン書店にて
購入できます

【 注意事項 】

【本の内容】

いま、日本人に欠けている「洞察力」を養うための必読書!

ヘロドトス『歴史』、塩野七生『ローマ人の物語』、マキアヴェッリ『君主論』、クラウゼヴィッツ『戦争論』など13冊の名著から、グローバル化の時代を生き抜く知恵を学ぶ!


第1章 ヘロドトス『歴史』――「歴史の父」が著したペルシア戦争史
第2章 トゥキディデス『歴史』――演説で浮かび上がる歴史の真実
第3章 カエサル『ガリア戦記』――ローマ帝国最大の遺産とは何か?
第4章 タキトゥス『ゲルマーニア』――現代日本人に対する警告の書
第5章 塩野七生『ローマ人の物語』――歴史を書く人の最高の資質とは?
第6章 ドーソン『ヨーロッパの形成』――「暗黒時代」は「最も創造的な時代」だった!?
第7章 マキアヴェッリ『君主論』――君主に求められる資質と振る舞いとは?
第8章 クラウゼヴィッツ『戦争論』――「戦争とは何か」をきわめた哲学
第9章 渡部昇一『ドイツ参謀本部』――リーダーと参謀、政治と軍隊の教訓
第10章 シュペングラー『西洋の没落』――現代でも色褪せない優れた歴史的洞察
第11章 チェスタトン『アメリカ史』――中世がない国には騎士道もなかった!?
第12章 マコーリー『イングランド史』――歴史の登場人物とともに“叫んでいる”歴史家
第13章 ベロック『The Jews』――世界史の中のユダヤ人を“予言”した書

【著者プロフィール】

渡部昇一(わたなべ・しょういち)

昭和5(1930)年山形県生まれ。上智大学大学院修士課程修了。ドイツ・ミュンスター大学、イギリス・オックスフォード大学留学。Dr.phil.(1958)、Dr.phil.h.c.(1994)。上智大学教授を経て、上智大学名誉教授。その間、フルブライト教授としてアメリカの4州6大学で講義。専門の英語学のみならず幅広い評論活動を展開する。昭和51年第24回エッセイストクラブ賞受賞。昭和60年第1回正論大賞受賞。英語学・言語学に関する専門書のほかに『知的生活の方法』(講談社現代新書)、『古事記と日本人』『日本史から見た日本人(古代編・中世編・昭和編)』(以上、祥伝社)、『渡部昇一「日本の歴史」(全8巻)』(ワック)、『知的余生の方法』(新潮新書)、『[増補]決定版・日本史』『決定版・人物日本史』『名著で読む日本史』(以上、育鵬社)などがある。

■本についてのご意見・ご感想は、こちらから

いただいた内容は、ご本人の了解をいただいた上で『読者の声』として利用させていただくこともございます。

ページトップへ