育鵬社 IKUHOSHA Publishing Inc.

メインコンテンツ

育鵬社通信

トピックス

既刊本ご紹介
平成後を生きる日本人へ

健康になる食べ方
幸せになる生き方

著者:東城百合子
価格:本体1500円+税
発行:扶桑社
■この電子書籍を購入する

以下の電子書店にて
購入できます
【 注意事項 】

書籍のご案内

【本の内容】

「自然食」「自然療法」の大家として知られる著者が
人生のどん底の時にスタートさせた
月刊誌『あなたと健康』が創刊45周年を迎えました。

本書は、92歳にして料理教室講師、月刊誌主幹として
現役で活躍する著者のエッセンスを、
『あなたと健康』45年分の記事の中から
「健康になる食べ方 幸せになる生き方」のテーマで編集した、
「THE 集大成」の本です。

どんなものを、どのようにして食べればいいのか。
どのような心がけで毎日をすごせばいいのか。
本書に凝縮された食生活と人生の知恵を、皆様の健康と幸せのためにお役立てください。

【目次より】
第一部   いのちを大切に生きる
   寒さの中に咲く白梅のように
   自然はあるがままに素直に
   寒風も逆風も育つため
   お天道さまと共に生きる
   ゼロからの出発
   何があっても万事休すはない
   健康と幸せの根

第二部   お母さん、台所は薬局です
   ビタミンは自然の食物から
   梅干しに宿る自然の力
   私がもし結婚の相手を選ぶなら
   インフルエンザに負けない生き方
   記憶力、学習能力を養う食
   宿便と食べ物
   腸からの健康――腸内細菌はなぜ必要か
   穀類のでんぷんは体も心も温める
   伝統食は健脳食――頑張り精神も育つ
   生きるとは食べること――工夫、努力、応用も料理から
   健康をつくる食べ方――体が教える調和
   私が学んだ自然療法――九十歳を迎えて思う
   冷え性は病気、不幸のもと

【著者プロフィール】

東城百合子(とうじょう・ゆりこ)

自然食・自然療法の大家として知られる。大正14年岩手県生まれ。昭和17年当時日本の栄養学の草分けだった佐伯矩博士に師事、栄養士となる。昭和24年重症の肺結核となったが、自然療法によって自らの病気を克服。それをきっかけに健康運動を始める。世界的な大豆博士といわれ、当時国際栄養研究所所長、国際保健機構理事のW・Hミラー博士に師事、自然の栄養学を学ぶ。昭和35年には沖縄に渡り、全島に健康改革の灯をともした。昭和39年沖縄より帰京、東京に居をすえて、出版活動、自然食料理教室、栄養教室、生活塾、講演活動、健康運動に力を注ぐ。昭和48年5月、月刊誌『あなたと健康』(あなたと健康社)を出版し、以来、出版活動と共に運動を進め、今日に至る。その確かな理論と実績に、全国から勉強に訪れる人が多い。著書に、100万部を突破したベストセラー『家庭でできる自然療法』(あなたと健康社)、『食卓からの健康改革』『心を育てる子どもの健康食』(以上、池田書店)、『お天道さま、ありがとう。』『かならず春は来るから』(以上、サンマーク出版)、『食生活が人生を変える』『自然療法が「体」を変える』『食生活が子どもの人生を変える』『「免疫力が高い体」をつくる「自然療法」シンプル生活』『生きた実例と手引き「自然療法」』(以上、三笠書房)などがある。

【編者プロフィール】

佐藤芳直(さとう・よしなお)

S・Yワークス代表取締役。昭和33(1958)年宮城県仙台市出身。早稲田大学商学部卒業後、船井総合研究所に入社。以降、コンサルティングの第一線で活躍し、多くの一流企業を生み出した。平成18(2006)年同社常務取締役を退任、株式会社S・Yワークスを創業。30年以上にわたるコンサルティングでは、歴史観、そして歴史の中に観る日本の強さを学ぶことこそ、企業の強さを生み出す根源であると唱えている。また、人間の教育は歴史に学び、その歴史の中から未来に手渡す種を探し出すことだと語る。

ページトップへ